‘エコツアー’ カテゴリーごとの表示

カブトムシを育てます

木曜日, 6月 7th, 2012

2年前の夏、「広島の海の環境づくりプロジェクト」の助成を受けて行った、竹の除伐作業とチップ化。10立米近くあった竹チップもずいぶん嵩が減り、カブトムシの幼虫が生息する環境に適してきました。そこで、都市農村交流のツールに活用しようと、山積みにしていたチップを使い勝手の良い場所に移動することにしました。

九門明集落の松江貞夫さんが手伝ってくださり、「上等な堆肥になったなぁ」と仰っていました。

チップは2トントラック5杯分。いーねの会員の昆虫博士の真倉さんによると竹チップはカブトムシが寄りつきやすいそうで、来年の夏にはたくさんのカブトムシの幼虫を拾う子ども達の姿が見られそうです。

移動させた竹チップ 後ろのハウスにはナタネが育っています

 

 

【わさまち】菜の花バス 追加情報

水曜日, 4月 11th, 2012

先にお知らせした4月29日「わさまち」で運行する、菜の花エコツアーバス、

小枝集落のお母さん方が、ぴゅあ菜米のおにぎりを用意して頂く事になりました。

各便先着20個を無料でご用意します。菜の花畑でおむすびを召し上がって下さい!

乗車についての詳細は↓をご覧下さい

http://www.e-jyan.jp/nanohanablog/?p=971

 

「わさまち」にて 菜の花バス 運行!

月曜日, 4月 2nd, 2012

4月29日、大朝の春祭り「わさまち」にて、谷まるごと菜の花畑の小枝集落を巡り、ぴゅあ菜米の栽培や菜の花プロジェクトを紹介するミニエコツアーを行います。

去年の菜の花畑の風景

巡るバスは、BDF(バイオディーゼル燃料)100%で走るバスを使います。車好き、機械好きな方にもオススメです!

BDFバスが満開の菜の花畑を走ります

ご案内役はいーね!おおあさのスタッフとぴゅあ菜米生産農家が務めます。おいしいおみやげもあるかも(なかったらゴメンナサイ)。

 

所要時間は1時間、雨天でなければ、菜の花畑で20~30分程度下車して、大朝の春を満喫してください。参加は無料です。ご家族連れ歓迎です。

10:30と13:00の2便運行します。各定員は20名。

参加ご希望の方は整理券をわさまちのメイン会場で地鶏カレーなどを販売しているい~ね!おおあさのテントで配布いたします。10:30の便は10時10分まで、13:00の便は12:40分までに整理券をお求めください。乗車場所は整理券配布時にご案内します。

今年も咲きます。谷まるごと菜の花畑

月曜日, 4月 2nd, 2012

この週末は一時ちらちらと雪が舞う天気でした。今年も雪の多い冬でした。

雪の下でじっと春を待っていた菜の花は、これから急激に空に向かって伸びていきます。

開花は20日過ぎから。今年は例年より少し遅くなりそうです。

ゴールデンウィーク後半からぴゅあ菜米の作付けのため、すべて刈り取られます。

菜の花畑を訪れたい方は連休前半にお越し下さい!

雪に押しつぶされてぺったんこだった菜の花の芽が起き上がってきました

この菜の花畑がひと谷続きます。

 

今年は大朝の春祭り「わさまち」の企画の一つとして、BDFバスで「谷まるごと菜の花畑」を周遊するバスを走らせます!詳しくはのちほど!

おいしいごはんを頂くために・・・

月曜日, 2月 6th, 2012

10年?20年?に一度の寒波?ニュースでそんな言葉を聞く、さぶーい中、レンコンを掘りました。水面には2cmの氷がはり、ところによっては氷の上に立てるくらいのレンコン畑で収穫作業を行いました。

氷を割りながら進んでいきます。

罰ゲームにも見えます。

恐る恐る畑に入ってみると、意外に畑の中は暖かく、そんなに寒さを感じません。さらに勢いよく吹き出す水圧をかけたホースを操るには体力を使い、寒いより汗ばむくらい。

掘っているのか身動きが取れなくなっているのかわかりません

この日は自称ミスレンコンの橋本さんが12月に続きやってきました。レンコンを作っている松本さんは前日に畑の周りの雪かきをしてくれていました。寒さ、積雪を理由に中止とは言えない状況に追い込まれ、見てるだけにしようと決めていた私も流氷にin。

張った氷を立ててみました

1時間ちょっとで収穫カゴ2杯分のレンコンが収穫できました。採ったレンコンはさっそく松本さんのお母さんにレンコンづくし料理を作っていただきました。取れたてのレンコンは甘みがあってほくほくです。こういうのを本当の味っていうんでしょうね。他にも香茸むすびをわざわざ握ってくださって、ほかにもおいしい家庭料理がならび、たくさん頂きました。食後のデザートはかき餅。甘いモノは別腹といいますが、かき餅も別腹・・・だったかは知りません。たくさん焼いてくれて、最後は味わうより、腹に入れることが目的になっていました。

松本さんと並んだ料理

食事の後は米俵づくりを松本さんに教えてもらいました。昔はこういうのが農家の冬の仕事だったんですね。いつもは交流の企画を提供する側なのに、今回は体験する側になって楽しまさせてもらいました。

春になったら、一般向けの穏やかな交流企画を紹介しますね。ぜひ遊びに来て下さい!

冬の里山体験イベントのご案内(1月29日開催)

水曜日, 1月 11th, 2012

いま大朝は白一色。

冬には冬の里山の暮らしがあります。ほんの僅かな時間にその暮らしを楽しんでみませんか?

この冬の企画は・・・

○雪解け水で育ったレンコンをちょっとだけ収穫します(これが旨い!)。

希望者には収穫したレンコンはお持ち帰り!

○杵(きね)と臼(うす)を使って餅をついて、大根おろしに浸して頂きます。

(大根の辛さと冷たさとつきたての餅の相性抜群!)

○古民家「土居田屋」のいろりを囲んで、あまーい冬野菜を使った猪汁を頂こう。

 

開催日:1月29日9:30~15:30

集合場所:役場大朝支所となりのショッピングセンターわさーる駐車場

http://g.co/maps/qtdtg

広島からお越しの方は高速バス広島駅8:00発→浜田行きの高速バスで

大朝IC(9:11着)で下車して下さい。予めご連絡頂ければICより送迎いたします。

定員:10名。(5名以上のお申し込みで催行します。)

体験料(障害保険料込み):

大人4000円(いーね!おおあさの会員は3000円)、子ども2000円。

申込期限:1月25日

お申し込み、お問い合わせ

い~ね!おおあさ TEL0826-82-3950

mail:   ine@oasa.jp

 

 

第2回「田んぼゼミナール」開催予定

日曜日, 6月 19th, 2011

田んぼゼミナールの開催が7/2(土)に決定しました。

9時30分 土居田屋集合

午前;田んぼの草取り

(昼食)肉じゃがほか

午後;梅班・らっきょ班に分かれて作業

梅干し・梅酒・らっきょ漬を、仕込みます。

宿泊できる人は、ボタル狩りに出かけます。

先週末、田んぼの植えた直しをしました。。。

途中で、曲がっていたり、植えてなかったり、結構大変でした。

あまりに、ひどいところは、そのままにしときました。(手の施しようがない)

草も、ぼちぼち、はえてきています。2週間後は、きっと取りがいがあると思います。

おたまじゃくしも、元気に泳いでいました。

足が出てきているのや、尻尾がまだ残っているのや・・・

みんな、すくすく成長しています。

写真は、携帯で撮ってるので、見ずらいかもしれません。

梅の木も、鈴なりになっています。

7月2日、みなさんに会えることを、楽しみにしています。

筏津ホタル祭り

日曜日, 6月 28th, 2009

6/27(土)筏津の「ホタルと神楽ァみィきん祭」を見学するツアーがありました。

広島市周辺より43名が参加、広島駅を14:30に出発し、大朝の「天狗シデ」「田原温泉」を回った後、ホタル祭りの会場へ、、、天狗シデ

先ずは、地元食材を使っての特製お弁当をいただき、腹ごしらえ。

特製ホタル祭り弁当

続いては、筏津神楽団の神楽を観劇、場内に入れないばかりの人で、いっぱいでした。

筏津神楽団

そして、薄暗くなってきた8時頃、いよいよホタル狩りに出かけます。

残念ながら、写真がないのですが、たくさんのホタルが舞っていました。

でも、今年は例年よりホタルが少ないようです。やはり雨があまり降らないせいだと、言われました。

まだまだ続く、神楽上演を後に、午後9時現地を出発し、広島駅へ帰路となりました。

来年は、もっともっとホタルが舞う姿を見たいものです。

地元のみなさん、ご苦労様でした。

カキツバタと八幡湿原散策

月曜日, 6月 8th, 2009

 

6/7(日)「八幡高原カキツバタ祭りと湿原散策」ツアーを実施、32名の参加をいただきました。

広島駅を出発後、高速道路を経由で八幡高原へ到着!

先ずは、毎年開催されている、カキツバタ祭りを見学、ここは、地元八幡「カキツバタの里実行委員会」の方たちが、管理されている畑です。この日は、カキツバタの販売もあり、参加者の方もたくさん購入されていました。

また、おなじみの「菜穂ちゃんのカレー」が八幡にも進出、地元の協力のお陰で、好調に売れていました。

カキツバタ祭り散策の後は、地元の大仙食堂の「田舎弁当」で昼食、皆さん青空の下で、お弁当を広げ美味しくいただいておられました。弁当は、とても大好評でした。(写真がなくてスミマセン)

その後は、2グループに分かれて、地元ガイドさんの案内で、水口谷(みなくとだに)湿原散策です。

高原の自然館で、軽く八幡湿原について説明の後、木道が整備される水口谷湿原へ案内!

ハンノキの森には、自生するカキツバタが見ごろでした。いろいろな山野草を観察したり、八幡湿原の歴史や住民とのかかわりなど、話はつきません。

約1時間30分の湿原散策後、ガイドさんと別れて、芸北オークガーデンの温泉へ移動!

ゆっくり温泉につかって、足の疲れを癒し、最後は地元、芸北高原牛乳のアイスクリームで締めくくりです。

道の駅「舞ロードIC千代田」でお買物休憩の後、千代田ICより高速道経由で、広島駅へ到着!

予定通りの行程で無事到着!皆さまお疲れ様でした。

エコツアーの詳しくは、、、たび~と(ぶらりズム) http://www.tabi-to.com/

ぶらりズム エコツアー

月曜日, 5月 25th, 2009

5/23(土) 「新緑の奥滝山峡ハイキングと芸北温泉」

5/24(日) 「新緑トレッキング(臥竜山~掛頭山縦走)」

2日間連続で、添乗員で同行しました。

5/23は、8名と人数も少なかったのですが、天候も良く、とてもよいハイキング日和で、新緑の中を約7km地元のガイドさんと一緒にゆっくりと歩きました。

5/24は、参加者20名とほぼ定員でしたが、あいにくの雨、週間天気予報では晴れだったに・・・。

降ったり、止んだり、頂上はガスの中、でも皆さん元気に予定通りのルートを歩きました。ブナ林の雨の中での幻想的な景色も見ることができ、晴れとは違う様子も良かったです。

自分は、去年の秋以来のルートでしたが、登山道に多くの倒木がありました。今年は、雪も少なかったのにと思いましたが、かぜの影響なのかも知れません、最近は、台風のような強風が冬や春にもあります。

この登山道も地元八幡の人たちが、毎年夏前に整備されています。「今年は、大変だなー」、そんなことを思いながら歩きました。

ブナ林掛頭山 山頂

 

昼食の田舎弁当は、山菜料理がタップリで、皆さんにとても好評でした。