‘環境学習’ カテゴリーごとの表示

環境学習~大朝中学校職場体験~

月曜日, 7月 2nd, 2012

7/2(月)~6(金)までの5日間、大朝中学校2年生の男子が4名、職場体験にやってきました。NPO法人に職場体験とはと思われますが、次世代育成のため毎年引き受けています。
今年も体力に自信のある男子が、毎日作業に汗を流すと思います。
今日からのスケジュールは・・・
1) 保田理事長の講義(約1時間)
その後、ファームbuffoで農作業
2)廃食油回収作業(午前1名・午後1名)
その他、ふぁーむbuffoで農作業
3)全員、ふぁーむbuffoで農作業
4)全員、ふぁーむbuffoで農作業
5)午前、土居田屋で地鶏カレー作り、そして食す
午後、大朝小学校4年生の環境学習(菜種の刈取)助手
以上です。

職場体験2日目

水曜日, 6月 22nd, 2011

梅雨の晴れ間となった2日目は、作業もはかどります。

午前中は、畑の周りのネット張りと、玉ねぎ・らっきょの収穫

午後からは、刈って、干してあった草集めなど

2人とも一生懸命にやります。

岩崎さんも、「こんなにやってくれるとは、思っていませんでした」と、関心の一言。

「大丈夫かな~」と、ペース配分を心配しながらも、嬉しそうに眺めています。

山羊は、何食わぬ顔で、草を一生懸命に食べていました。

 

大朝中学校 職場体験始まる!

火曜日, 6月 21st, 2011

毎年恒例の大朝中学校2年生、職場体験学習!

今年は、2名の男子がやってきました。

志望動機は、「動物が好きで飼育をしたい・・・」と、頼もしい二人です。

先ずは、「い~ね!おおあさは、なんでこんな活動をするのか?」など、約30分話をしました。

そして、早速、研修の場である、ふぁーむbuffoに移動、先生の岩崎さんと対面。

軽く、自己紹介をかわし(左・石橋君、右・岩本君)、すぐに作業へと移ります。

心配していた、雨も大したことなく、蒸し暑い中、蚊に刺されながら、がんばります。

先ずは、鳥小屋の水かえです。

岩本君、恐る恐る、小屋の戸をあけます。

こうして、2名の男子生徒の5日間は、始まりました。

 

ぴゅあ菜米販売体験 ありがとうございました。

月曜日, 11月 8th, 2010

11/8(月)広島市本通の「ひろしま夢ぷらざ」で、大朝小学校6年生がおおああ・ぴゅあ菜米の販売体験を行いました。
朝10時の開店から、午後2時まで、6年生14名が自分たちが取り組んだ、おおあさ・ぴゅあ菜米を心をこめて販売しました。
5年生が、生産したぴゅあ菜米、おむすび400個、精米5㎏25袋・3kg20袋・2kg30袋は、すべて完売することができました。
袋のデザインやチラシの作成、精米の袋詰めとできることは、すべて子どもたちが準備しました。全部売り切ることは、難しいと思っていましたが、子どもたちの熱意がお客様にも伝わったのだと思います。
今年で4年目となりますが、毎年販売の場を提供していただける。ひろしま夢ぷらざさんのはじめ、多くの皆様の準備とご協力により、この学習が行われていることに、感謝いたします。子どもたちも、この体験を今後の学習に役立ててほしいと思います。

今回の販売での収益金は、11/20(土)に行われる、大朝小学校収穫祭の費用の一部にいたします。

大朝小学校「おおあさ・ぴゅあ菜米」販売学習

日曜日, 10月 31st, 2010

NPOい~ね!おおあさと北広島町大朝小学校は、10年前より菜の花プロジェクトを軸にした、環境学習を3年生から6年生までの4年間取り組んでいます。
来る11/8(月)、広島市中区本通りの「ひろしま夢ぷらざ」にて、6年生が販売体験を行います。
販売する「おおあさ・ぴゅあ菜米」は、実際に今年5年生が、田植えから草取り・稲刈り・はで干し・脱穀と、ほとんどの作業を行ったお米です。その5年生が、精魂込めて作った「おおあさ・ぴゅあ菜米」を、6年生が2kg・3kg・5kg袋にそれぞれ袋詰めして、ラベルも作成した。当日限り販売の「おおあさ・ぴゅあ菜米」です。
また、その「おおあさ・ぴゅあ菜米」を使用した、おむすびも限定販売いたします。
準備するお米は、5㎏を25袋、3kg・2kgを各30袋・おむすびを200食準備します。販売時間は、10時~14時頃までの予定です。

売り切れごめんですので、皆さま早めにお買い求めいただきますよう、よろしくお願いします。

大朝中学校リサイクル活動

月曜日, 8月 23rd, 2010

毎日「あついですね~」という挨拶を交わすのが、うんざりとしてきました。
一体、いつまでこの暑さは続くのでしょうか。
昨日は、大朝中学校のリサイクル活動がありました。例年夏休みの最後の日曜日に行っている恒例行事です。
大朝地域の住民が、中学校の指定個所に持ち込みます。約3時間で、大型トラックに新聞・雑誌・ペットボトル・空き缶と5台分が、いっぱいになります。

中学校と保護者、地域住民の絆がうかがえる、とてもいい活動です。
い~ね!おおあさは、この収集された、資源を有価に交換し、中学校のクラブ活動での資金としています。

環境学習 菜種の刈取り

火曜日, 6月 29th, 2010

大朝中学校4年生が、環境学習の菜種の刈取りに来てくれました。

熱心に話を聞いた後は、みんなで鎌をもって、早速刈取りを開始・・・

随分と、鳥に種を取られていますが、大切に菜種を落とさないように、ブルーシートに集め、そのあとは、みんなで茎を踏んで、種を分けていきます。

大きなふるいから、小さなふるいへかけて、ようやく作業は終了です。

中学生、職場体験終了

金曜日, 6月 18th, 2010

今日が最終日、5日間本当によく頑張りました。

「い~ね!に来たことを後悔させてやろう」と思っていましたから、かなりハードな内容だったと思いますが、4人ともとてもよく働いてくれました。

それも、みんなで楽しみながらし、とてもチームワーク良く、見ていても清々しかったです。彼らが、主にこの5日間にしたことは、鶏の卵集め・鶏舎の鶏糞の運び出し・畑に鶏糞の散布・豚の運動場の柵作り・豚の敷き料入れ・竹堆肥の袋詰め・小学校の環境学習に参加でした。

  

彼らが、この中から何を学んでくれたのかは、未知数ですが、い~ね!もファームbuffoも、間違いなく助かりました。

嫌な顔ひとつ見せず、何でも挑戦した4人に、将来の日本の未来を担ってほしいと思いました。

大朝中学校 職場体験学習 二日目

水曜日, 6月 16th, 2010

職場体験学習の二日目はあいにくの雨となりましたが、予定通り豚のナナとタックルの柵作りは決行されました。みんなカッパを着て雨の中、雑草が茂った約5m四方を資材で囲み、2頭が運動できる空間を作りました。

1ヵ月ほど前、電気牧柵で囲いましたが、易々と突破され逃げ出す騒ぎがありました。これを受けて、今回は電気牧柵の外側を短管で厳重に囲みました。少々間隔が広いところもあり、逃げ出す予感も少々ありましたが、昼過ぎにひとまず完成となりました。

そしていよいよ、外に放しました。猛ダッシュで突進し、そのまま柵を突き破り、短管の枠もすり抜けまた逃げ出してしまいました。みんなで豚を追い回しなんとか枠の中に戻すことは出来ましたが、最後は短管の周りに板を挟んだりして改良を加え、ようやくというか何とか豚くん達の広場ができました。

雑草が茂った場所も豚くんが走り回ったり、土の中のミミズを食べるため掘り返したりで雑草が目立たなくなりました。豚の除草効果にも期待したいところですね。

中学生達は雨の中、よく一緒にやってくれました。時には牧柵に触れてしまいビリビリしたり、逃げ出す豚に恐怖感を感じたり、大変な一日だったことでしょう。

これに懲りずあしたも頑張りましょう!

大朝中学校 職場体験 受入れ

月曜日, 6月 14th, 2010

本日から18日金曜日まで、大朝中学校の生徒4名が職場体験学習に来ています。

4名は野球部所属の男子生徒です。最近の中学生はデカいですね・・・しかも元気がいい!!全員が農業体験を希望してい~ね!にやってきました。

本日は、まず事務局で、活動紹介などを軽くレクチャーし、その後は会員の岩崎菜穂さんが経営する「ファームbuffo」に移動して、平飼いの鶏の世話のお手伝いをしました。

まずは餌やりや水かえ。餌に気を遣っている岩崎さんから餌の配合の特徴などの説明を受けたあと実際に鶏舎一つ一つに餌を運びました。

野菜くずを与えています

うっかりして鶏舎の戸をちゃんと閉めなかったため、1羽が逃げ出し番犬のわんこが追っかけ回す緊張の場面も。中学生は「閉めないとどういうことになるかよくわかった・・・」と少々青ざめた表情でつぶやいていました。

その後、産んだ卵を集めたりしました。多いときには1日に180個をを産むそうです。集めるだけでも重労働なんですね。草刈り部隊のヤギ3頭を草場に移動する作業などを体験したり、岩崎さんが取り組む合鴨農法の説明をきいたりして本日は終了しました。

卵を慎重に集めます。若い鶏は殻が柔らかいんですね

合鴨農法の説明をうける4人

帰って印象に残ったことを聞くと、「お菓子をたくさんもらった・・・」だそうです。無邪気にそう話す子ども達の表情に言葉を失ってしまいました。

さて、晴れれば明日も畜産系が続きます。豚のナナとタックルとふれあう交流広場づくりです。どんな柵ができるか楽しみです。