菜々ちゃん・タックルの旅立ち

12/2午後2時23分、7ヶ月間一緒に朝を迎えた、菜々とタックルが旅立って行きました。
13:39 いつも通りの菜々とタックル、最近夜明けが遅いので、久しぶりに明るいところで、挨拶を交わして様な気がする。
13:40 三次市より佐藤さんが到着、トラックの荷台に菜々とタックルの檻を乗せて到着。。。大きくなった体を見て、「150kgはありそうだ」とびっくり。
13:45 早速、小屋からコンパネで通路を、檻までつくる・・・(感傷に浸る時間など何もない。)
13:50 小屋の扉が開けられ、菜々とタックルを誘導・・・、しかし、只ならぬ雰囲気を感じ取ったのか、途中で通路をこじ開け、脱走。一回めのアタックは失敗。。。大きな巨体を止めることは不可能、一旦コンパネを取り除き、平常を装い小屋へと連れ戻す。(これは、えらいことになりそう)
13:56 コンパネの通路を狭め、再度アタックを試みる、、、でも、明らかに菜々とタックルは、警戒している。
14:01 小屋の中をコンパネで狭めながら、菜々とタックルの行く手を遮るように、前進させる。勢いのついた菜々とタックルは、仲良く、しかもあっさりと檻の中へ、、、(嬉しいような、なんだか悲しいような、複雑な気持ち)
14:05 檻に入った、菜々とタックルは、フォークリフトで、トラックの2台へ、、、
14:22 もっと、ブーブー泣くのかなと思っていたけど、以外におとなしい菜々とタックル
14:23 最後の見送り、、、(ありがとう。菜々とタックル)
明日から、早起きをしなくても、良くなるのか~・・・淋しいな。

コメントをどうぞ