皆既日食

46年ぶりの皆既日食、前回は自分が生まれる前だったということ・・・。

と、いうことは、次回は見れないかもしれないと思いながらも、始まるまではどうせ曇りだし、「どうでもいい」と思っていたものの、太陽が顔を出し回りから、「始まったよ」と聞くと、仕事をそっちのけで空を見上げました。

自分が子どもの頃は、下敷きを太陽に当てて観察をしていたと、色の濃いクリアファイルで覗いていたが、かなり目にきつい。

そこに、知り合いが溶接用のゴーグルを持ってきました。これは最高と、みんなでかわるがわる日食観察、それを見た通行人も寄ってきて、みんなでかわるがわるに空を見上げました。

少しずつ欠けていく太陽を見上げながら、みんな顔が笑っていました。

こうして、ひとつのものに、みんなが集まり、嬉しそうにはしゃぐ姿に、何か癒されるものを感じました。

楽しい話題が少ない中で、皆既日食は久々の楽しい話題だったことに気がつきました。

太陽と月のお陰様でした。

デジカメで写真を撮ったけど、うまくはいかなかった。でもわずかに欠けている太陽を写すことができました。

皆既日食

コメントをどうぞ